資産運用

これだけは知っておこう!

お金の運用

運用方法の種類と特徴

お金の運用方法には沢山の種類があります。
種類が多すぎて、何が何だか分からなくなってしまっている人も多いはず。

そこで、具体的にどんな運用方法があるのか、安定性・収益性・流動性の3つの軸を使って見ていきましょう!

A. 安定性とは 元本保証あるいは利回りが確実であるという性質。
B. 収益性とは 運用によって、高い収益が期待できるという性質。
C. 流動性とは 容易に換金が可能であるという性質。

安定性・収益性・流動性の図

リスクなし型
  安定性 収益性 流動性
普通預金

◎

元本割れしない。

△

金利は0.02%位。

◎

いつでも引き出せる。

定期預金

◎

元本割れしない。

△

2011年7月時点の大手銀行の金利は...

  • 満期1年:0.03%
  • 満期5年:0.07%
  • 満期10年:0.25%

○

基本的に、満期までは引き出せない。(※例外的に満期前に引き出せる場合もあるが、金利は低くなる。)

国債

◎

満期まで保有すると元本割れしない。(※中途売却する場合は元金割れする可能性あり)

○

2011年7月時点の金利は...

  • 満期1年:0.12%
  • 満期5年:0.43%
  • 満期10年:1.15%
  • 満期30年:2.04%

○

基本的に、満期までは引き出せない。(※中途売却もできるが、元金割れする可能性あり)

低リスク型
  安定性 収益性 流動性
MRF
(満期が短期間で到来する公社債)

◎

元本保証はないが、安定運用されるので実質的に元本割れする可能性は少ない。

△

2011年7月時点の金利は0.07~0.08%位。

◎

いつでも引き出せる。

MMF
(満期が中長期の公社債)

◎

元本保証はないが、安定運用されるので実質的に元本割れする可能性は少ない。

△

2011年7月時点の金利は0.07%位。

◎

1ヶ月経過すれば自由に引き出せる。

地方債

◎

満期まで保有すると元金割れしない。(※中途売却する場合・地方自治体が破産した場合は元金割れする可能性あり)

○

2011年7月時点の金利は...

  • 満期5年:0.4~0.5%
  • 満期10年:1.2%
  • 満期15年:1.7%
  • 満期20年:2.0%

○

基本的に、満期までは引き出せない。(※中途売却もできるが、元金割れする可能性あり)

社債

◎

会社の経営が安定していれば、満期時に全額償還される。(※中途売却する場合・会社が倒産した場合には元本割れの可能性あり)

○

会社によって、1%~5%など金利は様々。

○

基本的に、満期までは引き出せない。(※中途売却もできるが、元金割れする可能性あり)

中リスク型
  安定性 収益性 流動性
転換社債
(株式に転換可能な社債)

○

会社の経営が安定していれば、社債のまま保有し続けると、満期時に全額償還される。(※株式に転換した場合・中途売却の場合・会社が倒産した場合には元本割れの可能性あり)

○

株価が上がった場合に株式に転換すると、大きな利益が得られる可能性あり。

○

基本的に、満期までは引き出せない。(※中途売却もできるが、元金割れする可能性あり)

株式

○

株価は常に変動するためリスクは大きいが、投資額以上の損をすることはない。

◎

株価が値上がりすれば大きな利益が得られる可能性あり。

◎

通常、すぐに売却して換金できる。

ワラント
(株式を一定額で購入できる権利)

○

株価が一定額よりも値下がりした場合にはワラントの価値は0になるので非常にリスクの高い取引だが、投資額以上の損をすることはない。

◎

株価が値上がりすれば大きな利益が得られる可能性あり。

◎

基本的に、いつでも換金できる。

外貨預金
(日本円以外の通貨での預金)

○

為替レートは常に変動するためリスクは多少あるが、投資額以上の損をすることはない。

○

為替レートが円安になると、ある程度利益を得られる可能性あり。

○

主流の外貨定期預金では、基本的に満期までは換金できない。

外貨MMF
(日本円以外の通貨で、主に国債等の安全性の高い債券に対して投資すること)

○

為替レートは常に変動するためリスクは多少あるが、投資額以上の損をすることはない。

○

為替レートが円安になると、ある程度利益を得られる可能性あり。

◎

いつでも換金できる。

投資信託
(投資の専門家に自己の資金を預け、運用してもらうこと)

○

専門家が行うので、ある程度安定性がある。

○

専門家が行うので、ある程度の利益は見込めるが、信託手数料がかかる。

○

商品によるが、ある程度好きな時期に換金できる。

ETF
(株式を組み入れた投資信託)

○

株価変動によるリスクあり。

○

株価が値上がりすれば大きな利益が得られる可能性あり。ただし信託手数料がかかる。

◎

基本的に、いつでも換金できる。

REIT
(不動産投資信託)

○

株価ほどではないが、不動産の値動きによるリスクあり。

○

配当利回り率は高いが、値上がり益はあまり見込めない。

◎

基本的に、いつでも換金できる。

高リスク型
  安定性 収益性 流動性
信用取引
(お金を借りて株式売買を行う取引)

△

手持ちの資金以上の取引をするため、非常にリスクが高く、投資額以上の損失を被る場合がある。

◎

株価が値上がりすると、莫大な額の利益を得ることも可能。

◎

基本的に、いつでも換金できる。

為替証拠金取引
(外国通貨の売買を行う取引。あらかじめ取引証拠金を入金しておくことにより、その額の何倍もの取引を行うことができる。)

△

手持ちの資金以上の取引をするため、非常にリスクが高く、投資額以上の損失を被る場合がある。

◎

為替レートが円安になると、莫大な額の利益を得ることも可能。

◎

いつでも換金できる。

商品先物取引
(貴金属等の商品を後で受け取る権利(=先物)を売買することで、利益を出す取引。あらかじめ取引証拠金を入金しておくことにより、その額の何倍もの取引を行うことができる。)

△

手持ちの資金以上の取引をするため、非常にリスクが高く、投資額以上の損失を被る場合がある。

◎

商品が値上がりすると、莫大な額の利益を得ることも可能。

◎

基本的に、いつでも換金できる。

どの運用方法を選ぶ?

1-ⅰ. 運用方法の種類と特徴で、様々な運用方法をご説明しました。

それぞれについて、メリット・デメリットがあり、「一体どれを選べば良いの?」と困惑してしまう方も多いと思います。

そこで、自分のお金の運用方法を選ぶための手掛かりをここで少しご紹介します。

自分の家庭に、どんな性質の資産が、どれくらい必要かを考える

資産の性質は、大きく以下の3種類に分けられます。

①安定性資産 元本の安全性が高く、金利収入を目的とした資産
②収益性資産 リスクはあるが、値上がり利益を追求する資産
③流動性資産 早期に換金できる資産

①~③の資産のうち、どの資産を、どれくらいの割合で保有しておきたいかを検討しましょう。

1-ⅱ-A. の結果に応じて、最適な運用方法を検討する

自分の家庭に必要な資産の性質と割合が決まったら、1-ⅰ. 運用方法の種類と特徴の表にある各運用方法の評価を参照しながら、運用方法を選んでいきましょう。

表をダウンロードする(45KB)

表をダウンロードする(79KB)

資産運用は、扱う額が大きく、運用方法によってはリスクも発生するため、取引を開始する前に、一度専門家にご相談することをお勧めします。

土地の運用

「親から相続した土地を持て余している...。」

先祖代々つくばの土地に住んでいたという方の中には、こんなお悩みを抱えていらっしゃる方も多いのでは?

土地は、ただ所有しているだけでは価値を生み出しません。
むしろ逆に、維持費や固定資産税等の税金がかかってしまい、資産が減少してしまいます。

土地の運用方法と、それぞれのメリット・デメリットを知り、あなたにとって最適な運用方法を見つけましょう!

運用方法の種類

①土地売却 所有する土地を他人に売却すること。
②等価交換 所有する土地上に建物を建ててから土地を売却し、その対価として、土地上の建物の所有権を得ること。
③駐車場経営 所有する土地を駐車場として賃貸すること。
④定期借地 50年以上の期間を設定し、所有する土地を賃貸すること。
(※期間が満了すれば、土地は必ず返ってくる。)
⑤アパート・マンション経営 所有する土地上にアパートやマンションを建て、賃貸住宅として貸し出すこと。
⑥オフィスビル・商業ビル経営 所有する土地上にオフィスビルや商業ビルを建て、企業や店舗に貸し出すこと。
⑦ロードサイド店舗経営 幹線道路に面した、いわゆる「ロードサイド」の土地を所有している場合に、駐車場のついた大型店やファミリーレストランなどを誘致すること。

各運用方法のメリット・デメリット

  メリット デメリット
①土地売却
  • 短期間にまとまった現金資産を得られる。
  • 相続税を支払うための資金を確保できる。
  • 固定資産税等、土地にかかる税負担がなくなる。
  • 地の所有権を失う。
  • 売却するために、媒介手数料や譲渡税が発生する。
②等価交換
  • 土地との交換になるので、資金がなくても可能。
  • 建物の所有権を得られる。
  • 譲渡税の優遇措置がある。
  • 土地の所有権を失う。
  • 借入れ利息がない上、減価償却も少ないため、所得が増えてしまい、結果的に税の負担が重くなる。
③駐車場経営
  • 初期投資額が少なくて済む。
  • 青空駐車場の場合は、更地への復帰が容易。
  • 税制上のメリットは少ない。
④定期借地
  • 税制上の優遇措置あり。
  • 大きな資金の負担がない。
  • 長期間、安定した収益が得られる。
  • 期間満了まで、土地の転用が不可能。
  • 賃貸期間に制限があるため、賃料は通常よりも低下する。
⑤アパート・マンション経営
  • 軌道に乗れば安定した賃料収入。
  • 税制上の優遇措置あり。
  • 借地借家法上の制限がかかる。
  • 空室リスクがある。
  • 転用が困難。
⑥オフィスビル・商業ビル経営
  • 軌道に乗れは、高い賃料収入。
  • 相続税、所得税対策に有効。
  • 建築コストが高い。
  • 空室リスクがある。
⑦ロードサイド店舗経営
  • 軌道に乗れば、高い収益が得られる。
  • 建築資金の調達が比較的楽。
  • 管理業務の負担が小さい。
  • 土地の転用が困難。
  • テナントの空室リスクあり。

土地の運用は、扱う額が大きく、運用方法によってはリスクも発生するため、取引を開始する前に、一度専門家にご相談することをお勧めします。